<< 労働保険徴収法の過去問 | main | LECの社労士過去問 基本勉強はこればっかりです! >>

社労士 私なりの試験勉強の取り組み方と気持ち

0
    社労士受験も今年で7回目になるけど、勉強方法はまったく変わらない。

    いまさら変えても混乱するだけかなと思って。

    基本は過去問題で、今年は5年分が掲載されている問題集を使っている。

    重要度がAとかBとか気にしないで、まずは一通りこなす。

    2回目も同じく気にしないでこなす。

    3回目からはA〜Eで分かっている問題は消す。

    例えば、問1のAとBは理解しているから×をして残りのC〜Eを読む。

    3回転目からは問題自体の正解が分かっている場合がほとんどなので

    ほとんど一問一答をこなす感じですね。

    そして最終的には5回転をする。

    過去問題の解説には基本テキストの該当ページが書いてあるので、周辺

    知識を詰め込む為に精読する。さらにテキストの確認問題を完璧にする。

    この勉強の仕方で択一式は合格ラインを突破しているのだけど、選択式で

    あと1点落ちが続いて今に至っている。

    でもどんなに深く勉強していても、毎年出題される選択式の難しい問題は

    勉強範囲にすることは極めて困難だと思う。

    社労士科目を勉強しながら、白書関係もすべて目を通して勉強なんてほんと

    無理だし、仕事しながらは絶対にできない。

    だから手を広げずに、基本的な勉強をコツコツすることが一番だと思う。

    どんなに模試を高得点連発していても、本番の選択式で回答困難な問題に

    直面すると合否の結果は選択科目1つですべてが決してしまう。

    それが社労士試験だと思っている。

    ただ、受験回数を重ねるほど厚みのある忘れない知識を手に入れることは

    間違いない。試験合格後も、やっぱり試験勉強したときの基本知識がどれ

    だけ定着しているかで、実務の応用展開もまったく変わってくると思う。

    だから無駄なことなんてまったくない、とくに試験勉強はそう思う。

    だから今年も勉強スタイルを変えることなく、コツコツと頑張ろうと思う。

     
    posted by: himawari | 平成27年度 社会保険労務士 受験日記 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 22:12 | - | - |
      コメント
       









      トラックバック
       
      http://yasasikaze.jugem.jp/trackback/1258